会社概要

企業情報

企業名 株式会社 大道技術設計
事業内容 建設コンサルタント(土木設計)
従業員数 14名(男性9名・女性5名)
資本金 1,000万円
設立年 1992年6月1日(創立 1989年)
代表者 門馬 智幸
所在地 〒969-0261 福島県西白河郡矢吹町弥栄298

組織図

業務内容


  • 街づくり設計が当社の柱!

㈱大道技術設計の軌跡

1989年
「門馬設計事務所」として独立。(社長27歳)
1991年
数十基に及ぶ調節池の設計に初めて着手。(「森林法」改正によりゴルフ場開発の駆け込み申請が多発)
1992年
有限会社 大道技術設計を設立。(資本金300万円)
1995年
株式会社 大道技術設計に社名変更。(資本金1,000万円)

*勤労者住宅生協の佐藤理事長(当時)の「宅地造成は、そこに一生住む人の身になって設計して欲しい」という言葉が、その後の設計思想に大きな影響を与える。
1997年
新社屋完成。(県内初のオープンモール形式のショッピングセンター「メガステージ白河」を設計)
1998年
集水桝・現場打ち水路構造計算の自社ソフト開発。
1999年
同ソフトの九州地方土地連仕様版バージョン開発業務を受託。
2001年
矢吹町他市町村からの委託を受け、下水道数量計算・積算までの一連ソフト開発。
2004年
調整(調節)池の一連設計が可能な自社ソフト開発。(この年より、関東・東海地方の高規格道路設計に伴う調整池の設計を50基以上行う)
2006年
上水道積算の自社ソフト開発。(東北最大級のショッピングセンター「メガステージ須賀川」を設計)
2007年
運動公園・地区公園・墓地公園などの修景設計関連業務の受注が増加。
2009年
地元矢吹町の中学校改築に伴う大規模な敷地設計を受注。
2010年
各地の駅前広場設計の受注が増加。
2011年
東日本大震災発生。(地元地域の災害復旧設計に多数関わると同時に、高台等への大規模防災集団移転など東北各地の復旧計画の設計業務に携わる)
2012年
大規模太陽光発電所敷地造成設計に着手。
2013年
原発事故による放射能汚染土の仮置場敷地造成設計に着手。
2014年
東北地方沿岸部の土地区画整理事業、防災集団移転等の設計業務が増加。
2015年
東北地方沿岸部の上水道施設整備事業設計業務を受注。
2016年
各地の「道の駅」敷地造成や産業団地などの設計業務受注が増加。(この年、鉄道設計事業に参入)
2017年
福島県大熊町の中間貯蔵土壌貯蔵施設敷地造成設計に着手。
2018年
社員の大幅な増員に伴い、社屋を増設。(この年、建設コンサルタント登録)
  • 売上高の推移

  • 社員数の推移

  • 平均残業時間

  • 有給休暇取得率


    ※厚生労働省の発表では18年の有給取得率は52.4%

社員の増加は1.5倍に抑えながら、10年間で売り上げ倍を達成!

ここ10年間で社員個人の能力が大きく向上。結果、社員の数はそこまで変わらないが売り上げが大きく増加した。
能力向上は残業時間の減少など、勤務環境改善にもつながっている。

大道技術設計の一員となって
地図に残る未来づくりを仕事にしよう!!
to_top